01/
鎌建工業について
鎌建ロゴ

「K」をイメージしたフレームから
溶融した鉄が変化しようとしている様を表現しました。
硬く冷たい鉄が、実はどんな姿にも変化できる素材であり、
鎌建工業も時流に合わせて柔軟に変化し対応していきたい
という思いをこめております。


株式会社 鎌建工業は、
「美しく魅力ある構造物・鉄製品の提供」を理念に掲げおります。

弊社は創業以来、皆様の生命と財産を守る構造物と
鉄製品を提供させていただいております。
鉄骨構造物はもちろん鉄製品の良さや美しさを
より多くの方々に知っていただけるよう尽力することで、
これらの普及に微力ながら貢献できればと思っております。

02/
会社案内


鎌建ロゴ
_
美しく魅力のある構造物
鉄製品を扱う

鉄骨構造物とは、鋼材を用いて築き上げた建築物のことです。弊社では製作から建方まで行っており、新築工事だけでなく、増築工事や既存建物の耐震補強工事なども手掛けております。

鉄骨構造物は「耐震性に優れている」「スパン(柱間)が大きく取れる」「増改築がしやすい」といったメリットがあるほか、コストや工期などのバランスも良いのが特徴です。

会 社 名 株式会社 鎌建工業
所 在 地
本 社
〒144-0033 東京都大田区東糀谷 1 -1-16
TEL.03-3743-2423
FAX.03-3743-2307

京急空港線大鳥居駅東口より徒歩7分
首都高速1号羽田線羽田インターより車で5分

大きな地図で見る


東京 工場
〒144-0033 東京都大田区東糀谷 2-3-21
TEL.03-3743-2404

空港線大鳥居駅東口より徒歩5
首都高速1号羽田線羽田インターより車で3分

大きな地図で見る


千葉 工場
〒299-3223 千葉県大網白里市南横川 3089-4
TEL / FAX.0475-73-2842

大きな地図で見る

創  業 1968年(昭和43年)
設  立 1970年4月(昭和45年4月)
資 本 金 1,000万円
代 表 者 鎌田峰和
従業員数 20名
企業理念 美しく魅力ある構造物・鉄製品の提供
業務内容

重軽量鉄骨・建築鉄骨工事

一般住宅・共同住宅
店舗・工場・倉庫
簡易構築物(イベント・舞台・セット)

総合建築金物工事
(鉄・ステンレス・アルミ他)

階段・手摺・門扉・バルコニー
装飾金物・室内金物

許可番号 鋼構造物工事業 東京都知事許可(般)7626号
大臣 認定番号 国土交通大臣認定工場 TFB-M-141017
所属団体

社団法人 全国鐵構工業協会

東京鉄構工業 協同組合

社団法人 日本溶接協会

大森建設組合

城南鉄工会

取引銀行

さわやか信用金庫 東糀谷支店

三井住友銀行  蒲田支店

東日本銀行 蒲田支店

城南信用金庫 羽田支店

会社経歴 1968年 創業
1970年 設立
1981年 東京第2工場 設立
1990年 千葉工場 設立
1995年 東京都 Cランク取得
1997年 建設大臣認定工場 Rグレード取得
2007年 本社・工場 新設
2008年 国土交通大臣認定工場 Mグレード取得
03/
事業内容


鎌建ロゴ
_
重軽量鉄骨
建築鉄骨工事やインテリア
  • 重量鉄骨
  • 軽量鉄骨
  • 耐震補強
  • 建築金物
  • 設備架台

鎌建工業の製品は、品質確保の観点から非常に厳しく管理されております。ミルシート(鋼材検査証明書)の提出や、製作途中で行う製品検査、第三者機関による溶接部の超音波探傷検査など、様々な検査過程を経てようやく製品化されます。

鎌建工業は、生活に密着した生活環境施設を数多く製作しています。自治会館や交番、店舗・倉庫など、多くの人々が集う場所であるからこそ、製品の安全性や品質管理を徹底しなければなりません。そのため鎌建工業業では、自社で品質方針を掲げ、社をあげて品質の確保・管理に取り組んでおります。


鉄骨構造物

鉄骨構造物とは、鋼材を用いて築き上げた建築物のことです。弊社では新築工事だけでなく、増築工事や既存建物の耐震補強工事なども手掛けております。

鉄骨構造物は「耐震性に優れている」「スパン(柱間)が大きく取れる」「増改築がしやすい」といったメリットがあるほか、コストや工期などのバランスも良いのが特徴です。 また、品質確保においても非常に厳しく、ミルシート(鋼材検査証明書)の提出や、製作途中で行う製品検査、第三者機関による溶接部の超音波探傷検査など、様々な検査過程を経てようやく製品化されます。

弊社では、変形地・狭小地・斜線によるセットバック(柱折れ)や多方向からのセットバック(柱折れ)、そのほか高架下や狭幅員道路など、様々な条件下にある物件を数多く手掛けてまいりました。

通常、鉄骨構造物は仕上げ材で隠れてしまうことがほとんどですが、近年特異な鉄骨構造物も多くなってきており、「見せる構造物」という趣向も見受けられるようになってきています。

尚、鉄骨構造物の施工は、製品の性能や品質に関する一定の審査をクリアしている「国土交通大臣認定工場」へ依頼すると安心です(株式会社鎌建工業は国土交通大臣認定工場です)。 また、外部に使用される鉄製の階段手摺や補助手摺などには、防錆性に優れた溶融亜鉛メッキ処理を施すことをお奨めいたします。

階段・ラセン階段

階段やタラップは、2階建て以上の建物に欠かすことのできない建築金物です。 鉄骨構造物にだけでなく、木造やRC造の構造物などにスチール製・ステンレス製の階段やタラップを取り付ける依頼も多くいただいています。 意匠的にも遊べる要素が多分にあり、デザインにこだわったものも多く見受けられます。 また、デザインだけでなく、最頂部(屋上)などへの点検用にタラップを設けたり、踏板を工夫して採光性を良くしたりと、実用的にも様々な工夫を凝らすことが可能です。 尚、鉄製の外部階段や屋外タラップにつきましては、防錆性に優れた溶融亜鉛メッキ処理を施すことをお奨めいたします。

階段手摺

階段手摺やバルコニー手摺は、階段や吹抜けなどの開口部からの転落防止や、生活上の手掛かりになる補助的用途に使用されております(介護・福祉用手摺は、この補助的用途に含まれます)。材質も鉄・ステンレス・アルミなど様々。鉄ひとつとってみても、既製の型材をそのまま使用したものから、加熱後叩いたりひねったりして手を加えた鍛鉄(ロートアイアン)まで、その種類は多岐にわたります。また、人の往来の多い階段手摺やエントランスまでの外構手摺等は、既成のものとはひと味違うデザイン性の高いものが多くなってきております。 尚、外部に使用される鉄製の階段手摺や補助手摺などには、防錆性に優れた溶融亜鉛メッキ処理を施すことをお奨めいたします。 階段手摺は階段脇に設けられる手摺で、「組子手摺」と「壁手摺」の2種類があります。 組子手摺は通常、支柱・足掛け・笠木・手摺子から構成されるもので、手摺子はそこからさらに縦桟式・横桟式の2種類に分けられます。他にもワイヤーを張ったり、目隠しを兼ねてパネル等をはめ込んだりと、その種類は実に様々です。また、笠木(木製)以外の部分を金属製にしたり、笠木の金属部にソフトビニールや皮を巻いたりするものもあります。 壁手摺は、手掛かりにする笠木部分からブラケットを出して壁に取り付けるものが主流ですが、腰壁の上に付けるタイプもあります。

補強・補修

既存の階段・手摺・歩廊などを新しいものに取り替えるのではなく、補強や補修によって現況よりも良い状態にする工事です。また、建物の耐震力を向上させるための補強工事を行うこともあります。学校や消防署など災害時に重要な役割を担う建物はもとより、個人の生命を守る一般住宅も対象になります。

建築金物工事

鉄などの金属で製作したものです。階段や手摺といった身近にあるものとは違い、普段あまり見かけないものもあるかと思います。

インテリア

鉄などの金属だけを用いたものや、木やガラスなどと組み合わせたものなど、様々な製品を幅広く取り扱っています。一人でも多くの人に鉄という素材を身近に感じていただき、鉄の持つ質感や美しさを楽しんでいただけたらと思っております。

エクステリア

建物の外部に設置されるものであるため、人の目に触れやすく、個性を出すには最適です。ただし風雨にさらされることから、鉄の場合には溶融亜鉛メッキ処理を施すことをお奨めいたします。

小物・雑貨

普段の生活の中では脇役的存在ですが、お気に入りの小物が身近にあるとワクワクしますよね。 ここでは金属を取り入れた小物を多数ご紹介していきたいと思います。

鉄なものたち

管理人が所有しているお気に入りの鉄製品たち。

メッキ処理

エクステリアは門扉やポスト・表札・フェンス・バルコニー・庇など、建物の外部に設置されるものであるため、人の目に触れやすく、建物にアクセントを付けるには最適な場所です。ただし風雨にさらされる環境であることから、鉄製の場合には防錆性にとても優れた溶融亜鉛メッキ処理を施すことをお奨めいたします。 溶融亜鉛メッキ処理とは、各種金属や鋼材等に施す防錆処理の一つです。高温(約450°C)に融けた亜鉛のメッキ槽に製品をドップリ漬けることから「ドブ漬け」とも言われています。槽に沈ませるため、パイプなど中空のものは所々にメッキの抜き穴を施さなければならない反面、内側までメッキが施されます。 この溶融亜鉛メッキは通常のメッキとは異なり、母材の鉄と表面のメッキ層との間に、鉄と亜鉛の合金層ができるのが大きな特徴です。塗装ではないため「はく離」することがなく、ある程度の傷がつき鉄部が見えたとしても、亜鉛の「犠牲的保護作用」により腐食の広がりを防ぐことができます。 もちろんカラーも単一ではありません。メッキ処理直後はシルバーですが、経年によりグレーに変化します。また、溶融亜鉛メッキ処理を施した上から塗装することも可能ですので、建物や全体の雰囲気に合わせた配色にも問題なく対応できます。この溶融亜鉛メッキを施すことで、鉄素材の錆を防止するとともに、製品の耐用年数(寿命)も大幅に延長することが可能。通常の環境であれば、30年以上の防錆効果を確保できます。 建造物などの外部に露出する鉄骨などについては、耐久防食性能、経済性に優れるという理由から、一般的に溶融亜鉛メッキ工法が採用されています。
04/
主要実績


鎌建ロゴ
_
優れた素材と確かな技術と
技術者一人ひとりのこだわり
  • 鉄骨構造物
  • 階段・ラセン階段
  • 階段手摺
  • 補強・補修
  • 建築金物工事
  • インテリア
  • エクステリア
  • 小物・雑貨
鎌建工業の製品は、優れた素材と確かな技術、そして技術者一人ひとりのこだわりによって生み出されています。 設計・構造計算から、切削・曲げ・溶接などの加工まで、鉄に関することなら鎌建工業にお任せください。 数多くの設備機器と経験豊富な技術者により、高品質な製品をご提供いたします。

鉄骨構造物-施工事例

  • 住宅・共同住宅 建売住宅
  • 住宅・共同住宅
  • 住宅・共同住宅 M共同住宅
  • 住宅・共同住宅 A邸
  • 住宅・共同住宅 Hコーポ
  • 住宅・共同住宅 Nマンション
  • 店舗・倉庫 H倉庫
  • 店舗・倉庫 パチンコM店
  • 鉄店舗・倉庫 F歯科
  • 公共物 K会館

階段・ラセン階段-施工事例

  • ラセン階段 I邸
  • ラセン階段 K邸
  • ラセン階段 A邸
  • ラセン階段 T邸
  • ラセン階段 Sアパートラセン階段
  • ラセン階段 文具会社 ラセン階段
  • 直線階段 アパート階段
  • 折返し階段 S邸 階段
  • 折返し階段 Y邸 メッキ階段
  • タラップ T邸タラップ

階段手摺-施工事例

  • 手摺 H中学校体育館
  • 介護・福祉用手摺 I邸階段手摺

補強・補修-施工事例

  • 耐震補強 N保育園
  • 耐震補強 H中学校

建築金物工事-施工事例

  • 架橋:M小学校架橋
  • プロジェクタースクリーン架台

インテリア-施工事例

  • テーブル:ステンレステーブル&パーテーション
  • 棚 F邸棚

エクステリア-施工事例

  • バルコニー:I邸バルコニー
  • バルコニー Hバルコニー

小物・雑貨-施工事例

  • 花器 一輪挿し
  • 小物・雑貨 小型燭台